Read Article

これまでの相談事例

  • これまでの相談例(2月)
  • スイセンの芽出し苗を買ってきました。地面への植付はできますか?また注意することはありますか?
    可能です。根鉢を崩さないようにし、植える深さは球根が埋まり、葉は埋めない深さです。花後に施肥してください。
  • ナンテンの実はいつ頃、どこから切ればよいでしょうか?
    今が切り時です。茎の先端を切ると翌年実がつかなくなります。花房のみを切ってください。
  • ウメの花の咲いていない枝は枯れているのですか?剪定はいつがよいでしょうか?
    ウメは花の後で葉が出てきますので、現時点で枯れているとは言い切れません。葉が出てこなければ枯れているでしょう。今はそのままにし、花後に剪定してください。
  • ミョウガを鉢で栽培しています。植替え・用土など、どのようにしますか?
    3月下旬に植え替えします。径20~30センチの鉢に1株(1茎)づつ植えます。用土は葉物野菜用の配合土で良いです。赤土5~6、腐葉土3~4、バーミキュライト1~2 それに化成肥料と石灰をそれぞれ用土10ℓ当たり10~20g混合します。
  • エアプランツは肥料をやるのでしょうか。
    エアプランツも肥料はいります。時々は薄い液肥を霧吹きでかけてやるか、液肥を溶かした水につけてください。水もいつも霧吹きでかけてやるだけでなく、週に1~2回はバケツに水を入れて5分位つけてください。熱帯植物なので、保温、防寒に気を付けてください。
  • ゲンペイカズラを何年も栽培しているが、花が咲きません。よく伸びるので切っています。
    切っているから花が咲かないのでしょう。ゲンペイカズラはツル植物ですから、ある程度はツルを伸ばした方がよく咲きます。大きめの鉢に植えて長い支柱を3~4本立て、それにツルを巻くようにする(アンドン作り)と毎年花が咲くでしょう。
  • 鉢植えのマンリョウの葉が枯れていきます。どうしてでしょうか?
    1月の中旬に鉢替えをしたようであったので、寒さのストレスからきているのではないでしょうか。多くついた実と枝を剪定します。水を切らさないように寒くない所でしばらく管理してください。
  • ユズの葉や実が黒っぽくなりましたが、なぜでしょうか?
    スス病ではないかと思います。殺菌剤とカイガラムシ用の殺虫剤を散布してください。
  • カンツバキはこんな寒い時期に花が咲いて、どうやって繁殖するのですか。
    カンツバキは虫媒花なので、虫によって花粉を運ばせ、受粉を行います。冬に花が咲く植物は、冬に飛ぶ少ない虫がたよりとなります。ただし冬は、咲く花の種類が少ないので(競争相手が少ないので)虫が少なくても大丈夫なのでしょう。カンツバキは基本的には種子で繁殖します。
  • 鉢植えの針葉樹の葉が茶色になって弱ってきました.植え替えもしておらず、肥料も水もやっていません。
    植え替えも肥料も水もやっていないのでは弱るのも当然で、生きているだけでも不思議と言えます。この時期は、植え替えに適しているので植え替えて,一か月くらいしたら肥料(鶏糞)を施し,水をやってください。水は春から秋までは毎日鉢土を観察し、乾いていたらたっぷりとやります.湿っていたらやらず、乾いていたら水をやりましょう。
  • 竹が庭や建物のほうに生えてきて困っています.地下茎を掘っても色々なところから出てきます。
    ラウンドアップなどの除草剤の原液を切り株に入れることにより枯らすことができます.絶対に食用にしないこと.地下茎が切れて株分れしているものには効果がありません。
  • カキの実がならなくなり、なっても落ちてしまいます。
    剪定方法に原因があります.剪定は冬に花芽のある枝を残して行います。太幹を切った後は枝を整理します。もしくは,カキヘタムシによる落果かもしれません.5,8月のスミチオン等の散布,荒皮削りなどが有効です。
  • シクラメンを玄関にずっとおいたままにしていますが大丈夫でしょうか。
    1週間に一回くらい光のあたる窓辺に置いてください.花が咲いていることはエネルギーをつかっていますから1000倍液肥を10月に一回やってください。
  • ミカンにスス病がつきました。その防除法を教えてください。
    トップジンM水和剤を散布してください.オンシツコナジラミがいるようでしたら暖かくなったら殺虫剤を一週間に一回計2回は散布してください。
  • ネコヤナギの大きな赤いつぼみの皮が破れて,内のものが出てきました.これはなぜでしょう。
    赤いつぼみの柳はフリソデヤナギ(赤芽ヤナギ)です。ヤマネコヤナギとネコヤナギの雑種で,赤芽が美しいので生け花にされます.大きな赤いつぼみは花で外の皮(りん片)が破れるとおしべの多い雄花か雌花が出てきます。
  • オタフクナンテンが色づきの良いのと色づきの悪いのができています.ストレスを与えると良いと言われましたが…。
    紅葉と同じで体内の糖分が貯えられ寒さで葉緑体がこわれ,アントシアニンができると赤く発色します。
  • これまでの相談例(1月)
  • ウメの元気がないようだが、肥料は必要でしょうか?
    2月の寒肥(有機質肥料)または3月の芽出し肥(化成肥料)を与え、様子を見て必要なら秋に化成肥料を与えてください。
  • スイセンに花が咲かなくなりました。
    株詰まりによる球根の肥大不全が原因です。今肥料を与え、6月下旬に掘り上げ、土づくりをして球根を植えなおします。
  • ムクゲの剪定を教えてください。
    1~2月に強く剪定して、整枝します。太枝を払い、枝の更新をはかります。ヤゴ枝は随時切り取ります。枝が敷地外に出てしまうような場合は、ノコギリでその枝の幹の所で切ります。
  • マンリョウ(宝船)の先端部の葉に縮れがでています。病気ではないでしょうか?
    伝統園芸植物のマンリョウには狂い葉ほどではないが、縮れがでる葉も多いです。病気ではなく、特に心配はないでしょう。
  • 俳句の季語でフユソウビ(冬薔薇)というのは、冬に咲くバラのことでしょうか?
    おそらく、秋に咲くバラの花が残っている状態のことで、冬に咲くバラのことではないとおもわれます。最近は温暖化と品種改良で冬に咲くバラも見られますが、俳句の季語としてはかなり古くから使われているようであり、冬は今よりずっと寒く、冬に咲くバラなどなかった時代のことと考えられるので、秋のバラの花が残っている状態のことだと思われます。
  • ポインセチアを長く持たせたいです。
    温度と光線が必要です。室内の窓辺に置いて保温と光線を当てます。鉢は時々まわして全体に陽が当たるようにしてください。土が乾いてきたら水をやります。鉢の下の皿に水が溜まることのないように、水をやる時は、流しや風呂場で水をやり水が切れてから皿の上に置いてください。肥料は春に与えます。春になったら(5月)植え替えて秋までに室外に置いてください。
  • ハスとスイレンについて教えてください。
    大きな違いとして、スイレンは葉が水面に浮きますが、ハスは水上に上がります。ハスは花弁が散りますが、スイレンはつぼんで終わります。
  • ブルーベリーに適した土を教えてください。
    酸性の土を使います。ピートモス、鹿沼土主体の培養土を使ってください。
  • 草花やイチゴを円形のポットに植えていますがうまく育ちませんなにが原因ですか。
    ご持参くださった写真を見ると、コケがいっぱい生えていて、湿度が高いようです.このような状態では草花は作れません。水の与える回数は少なく、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。
  • マンションの内庭に散り落ちたサザンカの花の清掃についていい方法はありますか。
    花が散らばってから集めるのは大変労力がかかるので、少しでも傷んだ花を手で取り除き、地面に散らさない方法がよいでしょう。
  • ポインセチアの管理を教えてください。
    最低温度10℃くらいで管理、桜が終わったら赤い部分を刈り込んでください。わき芽が出ますから一回り大きい鉢に鉢上げしてください。
  • カンナ,ハナショウブ、ダリア、シランの地上部が茶色く枯れているがどうしたらよいですか。
    地上部を刈り込んでください.本当は花が終わったら花を早めに摘花してください。
  • プランターに植えたチューリップの球根をが、何かに掘られて、かじられてしまいます。網をかけても破られます。
    夜行性の小動物(アライグマ、タヌキ)かもしれません。対策としては、毒性のある球根(ユリ、リコリスなど)等を混植しておくと良いかもしれません。
  • 食用になるタラの芽を山で摘んでくるが、他にも食べられる木がありますか。
    ウコギやコシアブラなどがありますが,自然のものを採取して食べるには、しっかりとした知識が必要です。間違えて有毒の物を食べては危険ですので、自身の庭で、種類の確実なものを栽培した方が良いでしょう。
  • イロハモミジにまだ葉が残っているがどうしてですか。昨年の7~8月に剪定をしました。
    枯れ葉が残ることはよくあることですが, 剪定の時期により、青い葉だったり、紅葉している葉が残ったりします。剪定後に出た芽の葉は、落葉の準備ができず、残っているのでしょう。
  • コウテイダリアの茎を切ったので繁殖に使いたいのですが、どのようにすればよろしいでしょうか。
    2節つけて茎を切り,鉢に鹿沼土で挿します.茎の半分くらいを土に挿し,室内(温室)で土が乾かないように管理してください。(朝夕水をやる)根が充分に出たら鉢上げをします。(春になるでしょう)鉢上げは培養土に鹿沼土を混ぜて使います。
Return Top